株式会社イオス

2021.09.21 四季養生

プロフェッショナル養生訓 発酵食の達人に聞くVol.1

各分野のプロフェッショナルにインタビューをした四季養生の『プロ
フェッショナル養生訓』です。

今回のプロフェッショナルは発酵食の達人 奥野先生です!

一般社団法人 発酵食健康推進協会
代表 奥野 紀代美 先生

『発酵食の力』

発酵食とは麹菌、麹菌、乳酸菌などの微生物によって食品が持つ栄養素を
吸収しやすいように分解して、別の性質を持った食品へと変化していった
ものです。発酵によって独特の旨味と香りがアップして、栄養価も高くな
というメリットがあります。他にも一般的には知られていない驚きがい
っぱいあります!

乳酸発酵の一例としてあげれば、スーパーにある普通のお肉やお魚を塩水
漬けにするだけで、柔らかさと美味しさがワンランクアップして、栄養価
も上がるんですよ。おまけに長持ちしますから、主婦の方は目を丸くして
喜ばれています。ぬか床は、ぬか漬けにする以外の使い方も今人気で、野
菜を一時間ぬかに入れるだけで農薬が除去されて、味も美味しくなるとい
う効果があります。
このような発酵食を普段の生活に取り入れる知恵を私の教室でお伝えして
います。今まで醤油を使っていたところを醤油麹に変えたり、砂糖の代わ
りに甘酒に変えるなど、ちょっとした心がけと工夫で食養生ができます。
こうして発酵調味料を取り入れることで健康維持事療法ができるのです。

アトピーが嘘のように綺麗な肌に変わるんです

私が発酵食を極めたいと思ったきっかけは韓国で出会った水キムチでした。
塩もみした野菜や果実を漬け汁に漬けるのですが、それが身体にも美容に
もいいし、乳酸菌や酵素がいっぱい含まれていることを知りました。焼肉
と一緒に食べると肉のタンパク質を分解して消化しやすいように考えられ
たとても理にかなった食品であることに私は納得しました!

そんな時、孫のアトピーを食で何とか治したいと思っていたので、水キム
チだけでなく色々な発酵食を毎日食事に使うようにしました。すると1年
ほどたった時、孫のざらざらした肌がツルツルになって大喜びしましたし、
さらに発酵食への確信を持ちましたね。水キムチ、味噌、甘酒はアレルギ
ーに効果があるんです。醤油麹の香りもアレルギーを軽減させますので常
に香りを漂わせていました。

先日はたったの二週間でかなり酷かったアトピーが綺麗になった方もいら
っしゃいました。その方が実践したことは、野菜中心にして私の薬膳味噌
を毎日3食摂るようにしてもらっただけなんです。こんなに早く改善される
なんて私も正直、驚かされましたね。

【二週間の味噌生活だけでアトピーが改善】ビフォーアフターでアトピーを比較
YouTubeで見る⇒https://www.youtube.com/watch?v=7hk3lbJHKZE&t=197s

驚くべき発酵食の力を先人たちは知っていた!

発酵食には酵素がたっぷり含まれていますから、体内酵素の無駄遣いを防止
できることが一番のメリットですね。もし食品から酵素を摂らなければ、
体内の酵素を消費することになりますから、酵素不足になって体のあちこち
に支障が出てきます。特に加齢によって体内酵素も減りますからご年配の方
ほど食品から酵素を摂ることは食養生としてとても大事です。
腸内環境が良くなることで免疫力はアップするし、がん予防にもなって、
ダイエット、美肌、アンチエイジングなどメリットが多いんです。
ぬか床にはギャバが含まれていますからリラックス効果もあります。
こうして食生活が変われば体が変わり、笑顔に変わる
発酵食はいいことづくめなのです!
発酵食は韓国ではキムチ、ヨーロッパではヨーグルト、チーズなどが代表的
ですが、外国では食品として捉えていました。しかし、昔の日本が諸外国と
違ったのは、先人たちが食品としてだけでなく、味噌や醤油など発酵調味料
としても料理に取り入れたことで日本は世界一の長寿国になったのです。
食養生の知恵は古くから日本に豊富にあったのです。この凄さ素晴らしさ
をこれからも多くの方に伝承していきたい!というのが私の使命です。

PROFILE
発酵食健康推進協会
代表理事 奥野 紀代美 先生

みそ工房「miso*miso」、発酵食専門の料理教室「miso*miso」を主宰。
発酵食インストラクター講師。
年齢を重ねてもはつらつと元気で若々しくありたいと思う願いを叶えて
くれるのが発酵食なのです。
https://hakkoshoku.com/

お問い合わせ

フリーダイヤル
0120-104-008
9:00〜18:00(第2・4土曜日/日曜/祝日休み)